INFOMATION INFORMATION_LYRIC

【SALU/BIS0】Lryics pt.6 (Track31-36)

INFORMATION LYRIC

31. 互いの街で feat. FRAME aka FAKE-ID (2009)

(FRAME)
開けゴマ and slow down
We gonna fuck wit your mind
俺の状況も少しは変わり
懐かしいメモリー浮かぶ頭に
自我と欲望その狭間に
染みるように吸った煙と朝陽
久しぶりに会った仲間と
探り合いなしでRap
yeah I wanna know
何がPayで何がPay back
知らねぇよそれより今は精出す
旅先で書いたLyrics Atsugi city
良い刺激だ心地よいFeelin’
こんなBeatが左から右
論より証拠 証拠より事実
今宵も開き進める1ページ

(SALU) yeah 今日もまた1ページ 開き
(FRAME)綴るDays
(SALU)赤く濁る目
(FRAME)消して吐く
(SALU) また次へ

音立てて崩れゆく日々をまず
音楽と呼ぶとする俺は耳を澄ます
One time 君もほら
意味もなく僕が口ずさんだら耳を貸す
時計の針のよう全てが動く
短い針が身 長い針が努力
Beatの上で俺は俺になり
この事実はあの日から変っちゃない Right?
百円ライターのようなRhymeで照らした
明日ははっきりまだ見えやしないが
朽ちるよりマシさ先急ぐ不安定
絶望 孤独も僕にはパンケーキ
Someday Somewhere いつかわかんねぇ
いずれ道また交わるはずで
今は見えなくても It’s ok

(SALU) ガラス越しの公園
(FRAME) ボコボコなマイク上がったショウケース
(SALU) いつか見てたあの街と共鳴
(FRAME) 更に加わるこの街の光景
(SALU) 不規則に飛び出す唾と両腕
(FRAME) 迫りゆく現実 銭はしょっぺぇ
(SALU) だけど俺らなりこの場背負って
(FRAME) 磨いてる路上 互いのFlowの証言
(SALU) 針が重なる今灯る照明
(FRAME) あん時も今も変わらない情熱
(SALU&FRAME) yo こうやって紙とペンを持って

 

32. Follow My Way pro.Zooya (2010)

流れる景色に差したムーンライト
邪魔しねぇから聴いてくんない?
and somebody tell me what is a good life?
な いつからこんな調子だっけ?
目の前のことすらよく知らねぇ
よく見ろ aye 鏡の目
Mirror mirror good morning あなたは誰?
この肌は今朝もFuckin’ yellow
Look up in a sky 向こうの君にSay Hello
大胆且つ慎重に行動に出ろ
あとはSmileで地に足つけたGo getter
瞬間繋ぐ目眩くDays
日を追うごとに速度は増してく
My life’s like a movies cause I follow my way
煙に見るあの絵 Back in a day
潮風に抱かれて眺めたあの海岸
一人ただチリチリライター擦って見てた
海の向こう側の向こう側リターン別に変わらねぇ
結局は自分の銀河のストーリー
誰も君のそれを奪えはしないさ
誰の為に泣き 誰の為に生きる
I don’t know but I’m just Standing here

I don’t know このイカれたシステム
I don’t know 皆知らぬふりしてる
I don’t know 何故君が去ったのか
I don’t know 何故壊れてしまうのか

結局は死ぬまでの暇潰し
小説を出すならハードカバーがいい
情けは人じゃなく手前の為だが
やはり人は自分がかわいいからまあ
無理せずにGo ahead
That’s the way it is
かなり前にPacも言ってる
超えられない壁 人種や宗教
でも人を好きになる理由はないだろ?
別にふざけちゃねぇ
ふざけた表現でもあの子は僕を笑わせてくれる
テレビじゃ依然 偽善者の肯定
頑張っただけじゃ夢は叶わねぇ
Is it destiny? yea that’s your way
変えられねぇ訳じゃねぇ That’s what I believe
このページとページを繋いだだけ
上手くいかなけりゃ何かが変
見逃したなサイン 流れがある
前兆をよく読めば今日変わる
I walk just walk 後悔にPain
君の想いにHope抱えてI follow my way

 

33. Not Afraid (2010)

ページで言うなら今は何ページ目だ?
2日で辞めたあの日記から今日
数えきれない出来事にチョイス
当たり前などないのに
当たり前にしか見えない態度
誰もがStack on 何に費やす時間
有限のレース 可能性だけは無限のBrain
持った俺たち何に費やす
もう鬱ではないけど何故か悲しい
ま感じたことだけ書いてりゃいい
何処かで誰かがたぶんまたHear this
些細な事でもまたI got headache again
この街にも多くの欲に飢えに偽善に死に涙
それでも問われる足りない何か
答えはしないが聞いてくる鏡は
街を歩くすれ違うのは誰もが他人で普通
でも辿れば兄弟だろ
ところ変われば鉛の雨が降る
このBeatの上で彼はまた進化したが
未だにここさほら変わりはしねぇな
果たしてこの島本当に平和?
My neighbor見てればボケてる平和
ステータス気にして無理する生活
そんなに気になるのか人の目が
目を見て人と上手く喋れないとか
物だけ豊かで心に弊害
高度に成長して中身がねぇのさ
一億人が見ている映画は3D
全くスピーディーに過ぎる日々にFuck
どうしたら転がるEasy
簡単なことなどひとつもない
好きだった積み木やLEGOのように
時に重なれば時に上手く合わない
重なり支える人の文字じゃない
寄り掛かられてる方になれるか?
寄りかかってはいてはいつまでもなれない

I’m not crazy (Maybe you crazy)
もう大分平気 (本当に平気?)
でもひとりじゃ Please take my hands
I’m not crazy (Maybe you crazy)
I’m here my baby
もうひとりじゃ無理だから
I’ll take your hands my baby

今でもたまに恥ずかしいけどまだ夢で見るよ
死んだ後の世界信じはしないが
逝っちまう一方って悲しくないか?
貴方に宛てて書いた手紙は溜まってく一方
悲しくはないさ
過ぎたこととかもう取り戻せない
大人になるのがそれ求めないことなら
ずっと子供のままでいい
知りたくなかったことだらけこの世界
何があっても自分は殺せない
反面教師はマジでもう要らない
自分が出来ないことは人に教えんな
遺された 遺されたこの心は一体何処へいくんだ?
神になど祈らず痛み紛らわす
今日も仲間に女が居てくれりゃ
きっと何処でも俺は幸せさ
愛とか知らないがそれでいいんだ
人間らしさを取り戻してくDays
教えてくれたこの街あの街
彼らに彼あいつ俺 俺のペース
それであってるよそれぞれのWay

 

34. That’s the Way It is (2008)

Gotta be so cold
今日も西の空に陽は沈みゆくほら現実を見る
口の数だけ鉛筆の芯より脆く磨り減り消えた信用や
取り戻し変えたい過ぎた過去や
時間が有限じゃまぁ無理かも
あと淡々と流れてくこの日常
Blow it, Let me just chill one more time
Hiphop One On One 狙うさ王冠
だがパケの中の希望はもうない
考えろ That’s the way it is
ただただ演じる 時に現実 Real
時に理想の中Maryとダンスさ
飛び終わればまた現実 Damn
ママは今日もまた男のとこさ
子供のまま肩書きは大人に
All bitches around me 病んでやがる
跨がる金と刹那の過ちに
沈んだあいつはススキノの街に
金のために消えたあの繋がり
65億の痛み悩み嘆きストレスをのせて地球は回る
眼に映るものがよれて歪んでても
大丈夫今日も地球は回る

そんなもんさ
殆どは決して変わる事などはない
生涯どんなに騙しても
どんなに身体を汚しても
変らないLife 変わらない価値
しかし気づいた時には鼻は長い
なら自分に正直に闘ってたい
Against all 今日も回る

Look look この一生を使って何が出来る?
ビルが建つかも 家が無いかも
明日明後日まで休みでも明後日には常にそう明日が待ってる
腐った世界腐った街
鏡の中の眼 黒がデカイぞ
IceとかCokeやら帰らぬ人たちと違くこう羽ばたいていく

 

35. Goin' Back to A-Town (2008)

初めて流れ着いたあの日から
何も変わらないが変わった街
日々のストレスで見失う価値
恩名の坂下り見渡した街
夕陽が落ちゆく遠くを眺め Smoke it
ぼーっとしてりゃ落ちてく運命
Recordin’ at TAQ’s crib in 戸室
旭町のマンションでShowkeyとMix yo
円形でビール飲んでる廃人
20時 駅前でフライヤー撒きを開始
204 長谷あぐらのマンション
Ziburi Studioに70にCheck Mashow
週末のDAZZにArts
厚木Monstars StreetにJAPS family We’re
I’m goin’ goin’ back back to A-Town

246 129 交わった街
046 中央神奈川相模
この辺りの流れここで交差
雲がかかる阿夫利山の方角

駅前は今日も人で賑わう
行き交うスニーカー ビーサン 革靴 A-Town
午後5時 学生にリーマンかBitches狙う
キャッチのHomeboys Dais man and コーマン
儲かる話はねぇかと怖ぇ顔で
電話に精を出すおっさん
円形のローカル 浮浪者が唄うビールのBlues
横で聴くギャルがヒールを脱ぐ
ロータリーのコーナー チャリの不審者
コージーコーナーの前タバコくれ女
この街でも転がしてるLow RidersにPeace
白い目でバス待つババアが見る傍で
赤い目のSALU今ローソン前でChill
この街に聞く
Ya know what time it is?

 

36. Say Hello to the Rap Game (2008)

Rap Game 手に取ったペン
いつかあのレースにただ出たくて
Rap Game
This is my way
My stage, my light, my mic
My hard days
Rap Game こいつに首ったけ
Rap Game 誰より好きだぜ

Say hello to the rap game
誰も知らね俺の名前
Nobody knows my name
どの偉大なるラッパーも
昔は俺と同じこと書き丸めて捨てた紙
Who’s the bestよりもWho gotta next
I’m gonna take it もうすぐだぜ
悲しいけど真実だぜ
人じゃなくこの腕を信じるだけ
道に転がる石のように荒削りだが
未知の原石 Shawty watch me now
野良犬ばり尖ったRhymin’
いつかあのダイヤみたいにShinnin’